デジタル教育:3つの基本形

デジタル教育(Eラーニング)には大きく3つのタイプがあります。それぞれに優劣があるわけでなく目的に応じて、これらのタイプを正しく選択したり、組み合わせる必要があります。
 
この分類を間違えると、せっかく作ったEラーニングやオンラインコミュニティがうまく機能しませんので要注意です。
 
(レベル1.0)知識の伝授を目的とした教育
(レベル2.0)フレームワークや、コツ/スキルの習得を目的とした教育
(レベル3.0)新たな知識の創造を目的とした教育


 
(レベル1.0)知識の伝授を目的とした教育

 
体系立てられた知識を順序良く効率的に伝授することを目的とするのが「レベル1.0」型の教育です。

 
学校教育や通信教育、また従来型のEラーニングの得意分野であり、「自己学習」と「反復学習」による知識の暗記を主な目的とします。
 
 ●具体例→ 資格試験/各分野の入門編、企業におけるコンプライアンス教育など
 ●方法 → 講義(動画)やスライド。練習問題(クイズ)、レポート提出
 ●条件 → 絶対的な正解がある(先生がそれを知っている)
 ●推奨インフラ→従来型のEラーニングシステム(LMS)が最適
 
*LMS=Learning Management Systemの略。動画配信や資料配布、クイズ、提出物管理、進捗管理などの機能がワンセットになっている。
 
内容がレッスン1、2といったように系統だっており、学習者にとっては学ぶ内容が明確なので「学んだ感」が大きいのが特徴です。
 
また自己学習で完結することができるので、提供者にとって手離れが良いのも特徴です。
 
ただし単調な繰り返し学習になりがちなので、テーマによっては学習者のモチベーションが上がりにくい弱点があります。
 
脱落者を防ぐためには、達成感を刺激するようなゲーム要素*(例えばランキングやラジオ体操のスタンプカードのようなもの)を入れ、モチベーションが継続できるような仕掛けづくりが有効です。(Eラーニングにとって、モチベーション維持は最大のキーポイントです。)
 
またEラーニングでは学習者のレベルに合わせてコンテンツが変化する「アダプティブラーニング」やAIの活用なども徐々に増えてきています。
 
*「ゲーミフィケーション」(Gamification)と呼ばれます。


 
(レベル2.0)フレームワークやコツ・スキルの習得を目的とした教育

 
楽器の吹き方や、ゴルフの教材ビデオをいくらみても、それだけはうまくなりません。
 
同じように知識や情報を、学習者が自分で使えるようにトレーニングするのが「レベル2.0」型の教育です。つまり、
 
<知識を伝授する>より<本人が主体的に学ぶ>方に目的があります。

 
こちらも「自己学習」と「反復学習」が主に使われますが「レベル1.0」に比べると、正解が絶対的ではないこと、またすでにそれぞれの人が自己流でやっていることなので、学習者がそれなりに学んでみて
 
「腹に落ちる」
 
という感覚を持てることが必要です。
 
 ●具体例→ 分析フレームワーク(4Ps, 3C, STP, SWOTなど)。ノウハウ。
 ●方法 → 課題を使った反復トレーニング。ロールプレイ(演習)
 ●条件 → ハラ落ちする内容で、学習者が自分の思考回路を変えられること
 ●推奨インフラ→従来型のEラーニングシステム(LMS)と集合研修の組み合わせ
 
注意点として、クイズにようにあらかじめ設定した答えを教える方法ででは、反発を招くことがあります。
 
例えば、コミュニケーション術、営業、交渉術などのソフトスキルは、いかにカリスマ講師が教えても、それが唯一絶対の方法ではありません。また業界によって”成功法則”も異なります。
 
したがってクイズ形式で一律に”正解”を強いる(一方的に講師の考えを押し付ける)には限界があります。
 
上記の理由から、「内省」(自分の中で落とし込む)をプロセスを促す意味で、自分の考えを述べてもらう感想文/フィードバックを求めるなどの方法が有効です。
 
その他、集合研修による
 
「ワークショップ」「ディスカッション(対話)」「プロジェクト」「ケーススタディ」
 
などもよく使われます。
 
とにかく
 
「うちの業界は特殊だから」
「それはあの人だからできたんだよ」
 
と捉えられがちなスキルや知識を
 
「なるほど。そういうやり方もアリだな」
「ちょっと使ってみるか」
 
と思ってもらう事が大切です。
 
また絶対的な正解がない分だけ、参加者同士が他者のコメントから学べることも多くなります
 
その反面、提供者にとっては「教材を売って後はほっておく」という形にはならないので、手離れは悪くなります。
 


 
(レベル3.0)新たな知識の創造を目的とした教育

 
答えがない課題について、みんなで意見を寄せ合いながら学び合う、新しい知識や解決法を見いだしていくタイプの教育です。
 
答えがないので”先生”が「Teaching」することができません。
 
したがって答えがあることをベースにした「レベル1.0」「レベル2.0」型のシステムはあまりフィットしません。
 
そして「Teaching」(教育)よりも「Learning」(学習)を重視したのが
 
オンラインコミュニティ型の学習ということになります
 
 ●具体例→ビジネススクール(経営大学院)、社会人向け講座など
 ●方法 →対話・ディスカッション形式
 ●条件 → 唯一の正解がある訳でないので、参加者の貢献意欲が必要
 ●推奨インフラ→ソーシャルラーニング型のプラットフォーム
 
はっきりした正解がなく、
知識量が多いほど正解を知っているわけでもなく、
さらに、みんなそれなりに持論があるもの(例:恋愛論や子育て論、経済政策、政治)
 
ほど向いているのが「レベル3.0」型のスタイルです。
 
 このような学習スタイルでは、
 
「参加者同士がお互いに学び合うコミュニティ」(ラーニングコミュニティ) 
 
が向いています。
 
注意点として、意見の対立をリード(昇華)するためのファシリテーションがある程度求められること、また参加者にも意見の対立を乗り越えるスキルが求められることです。
 
例えば、「意見が違う」ことに対して、多くの日本人はまだまだ不慣れです。
 
一つのテーマに対して、色々な意見や反対意見が出ることは「和を乱す行為」でもなく、正しい合意や真実にたどり着くための極めてポジティブな状態です。
 
このような状態で「キレず」に、大人な対話ができるスキルが参加者に求められます。
  
また、一般的に日本では
 
「正解がある」(先生がそれを知っている)
 
という前提で、クラス運営される「レベル1.0」型の教授スタイルが多く、受講生もそのスタイルに慣れています。そのため、正解がないフワフワとしたテーマについて学んだり、ディスカッションすること自体に、
 
「結局答えはなんなんだ」
「答えを教えてくれ」
 
といった疑問やストレスを感じたり、対話することに無意味さを感じる方がいます。(有料セミナーなどでは苦情が出る事も!
 
その意味で、
 
何か新しい知識を得る事に意味があるのではなく、全員で正解のない課題について進むべき道(仮説)を考えること、そのプロセス(経験)にこそ意味がある
 
という事に価値を見いだし、参加者の「納得感」を高めることがポイントになります。
 
従来型LMSはFAQ(質疑応答)や簡単なチャットなどの機能を持っているものの、本格的な対話・議論向けの機能を持っていない場合がほとんどです。
 
したがって「レベル3.0」型のオンライン学習に従来型のLMSを当てはめようとしても、なかなかうまくいきません。

 
 ただ、その代用としてFacebookやLINEグループが向くかは、個人情報保護などの観点からよく検討する必要があります。
 


繰り返しになりますが、プラットフォームには得手不得手がありますので、学習タイプ別に最適なシステムを選んだり、組み合わせて使うことが有効です。(たとえば、FlowPADは「レベル3.0」向けのシステムですが、従来型のLMSと簡単に連携できるようになっています。
 


具体的な事例

 

事例1:

社会人向けの研修やセミナーでは「そんなのはオレのやり方と違う」と強く反発するタイプの方がいらっしゃいます。それに対して
 
「まずは黙って理解しなさい」
 
という古典的な対応をすると、大きな反発を招くことは必至です。
 
もちろん圧倒的なカリスマ講師であれば、擬似的に「師匠ー弟子」の関係が築かれるので、そういうやり方も通用しますが、Eラーニング形式になると、受講生に対する心理的プレッシャーが効きにくくなるので、運営が難しくなります。
 
「違う」と思う学習者がいるのは、「自分の経験に合わせて真剣に考えている」という意味ではむしろ健全な事です。
 
実際、欧米の学校では、生徒(学生)が先生の説明にチャレンジする(反論する)のは、むしろ前向きな学習姿勢としてウェルカムされますが、日本人はまだまだ慣れていない方も多いのが実際です。
 
したがって事前のオリエンテーションが必要となります。(先生もチャレンジされることを歓迎するタイプでなければ、「レベル3.0」の学習環境は生み出せません)
 
それぞれの人が「違う」と思う理由や背景を参加者全員でシェアし、そのテーマについてディスカッションすることで理解が深まり、全員にとって深い学びとなっていくのです。
 
また形式として「レベル1.0」「レベル2.0」タイプのプラットフォームを使うと、そういう貴重な声が拾えません(実質的に無視されます)。その結果、洞察が深く、問題意識の高い学習者ほどアホらしくなって途中で学習を止めてしまいます。
 
またお付き合いで最後まで学習しても満足度アンケートでは、極めて低い評価をします。
 
したがって受講生が経験に基づく持論を持っていたり、意見が割れそうなジャンルのテーマについては、レベル1、2に加え、レベル3のディスカッション要素を積極的に取り込む必要があるのです。
 
 


事例2

「次の文章を読んで、カッコに入るのは、"is"か"was"かを、みんなでディスカッションしましょう」
 
という英語学習プログラムに「レベル3.0」の学習方法を使った場合はどうでしょうか?
 
100%の確率で、盛り上がらないか、すでに知識がある人が、ありったけの知識を披露し、それを見ている大多数の人がしらけて終わり、という状態になるでしょう。(無用な恥をかきたい人はいませんから当然です。)
 
この場合は、「レベル1.0」タイプのEラーニングを基軸として、プログラムを設計しなければならないのです。
 
もちろん知識取得のタイプの学習テーマでも、うまく「レベル3.0」で使うファシリテーションや、学習コミュニティを活用する事によって、生徒(学生)の主体的な学習を促す事は可能です。
 
また学習内容をネタにして、学習者がゆるくつながるコミュニティ(バックチャンネルと呼ばれます)を作ることも、場合によっては有効です。
 


さて、みなさんは始めうとしているEラーニング、そしてオンラインコミュニティは
どのタイプでしょうか?
 
どんな目的で、どんなプラットフォームをどのような割合で組み合わせれば良いのかなど、スタートする前にぜひ検討ください。
 


<参考>
専門的には「レベル1.0「レベル2.0」は構造主義的学習、「レベル3.0」は構成主義的学習
という分類になります。
 
▼2つのタイプのゲームを混ぜると混乱する?(構造主義と構成主義) 福山佑樹氏のブログより
http://fumituki.jimdo.com/2013/11/01/2type/
 

今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)
堀 公俊
PHP研究所
売り上げランキング: 41,864


▼学習者のレベルに応じた最適な学習手法の選択については、Eラーニング研究で著名な
M.ローゼンバーグ博士(Dr. Marc Rosenberg)のコラムをご覧ください。 


>次ページ「面白い講義を作る

ただいまβ版の先行トライアル受付中! デモ/モニター利用をご希望の方は、ぜひお気軽にどうぞ。