学力格差の解消に

ちらばった指導ノウハウを集める

 

広がる学力格差

日本では子供の学力格差が拡大していると言われています。
 
特に問題として指摘されているのが、地域によって学力が異なるという事実です。学力テストでは、大都市圏のほうが地方よりも平均正答率が高いというデータもあります。また同じ都道府県内でも地域によって格差があり、学力の二極化が進んでいるのが現状です。
 
またそれにも増して、親の年収や学歴に、子どもの学力が比例しているという調査もあります。
 
教育には子ども本人の努力だけでは解決できない様々な問題があり、それに付随する教師の人材格差なども指摘されています。
 
このような問題を解決するために、教育現場では、教師の指導力の差を生まないような工夫が求められています。
 

教師間の連携が必要

学力格差の解消のためには、教師間の連携が鍵となります。
 
例えば、異なる地域の教師が相互にノウハウを共有することで、指導についての成功事例をお互いに学ぶことができます。例えば、学力テストで全国平均と大きな差があった沖縄県では、学力テスト上位県である秋田県と交流を行うようになったことで、全国との差を縮めつつあります。
 
またうまくいっている地域の指導法を取り入れることは、学校現場の活性化にも繋がる可能性もあります。
 
最近ではチャット機能やビデオ会議システムなど、場所に制約されないコミュニケーションサービスが登場していますが、このようなシステムを活用して、オンライン上で簡単に知恵の交換のためのコミュニティを作成することが可能です。
 

「フローパッド」は教師間のノウハウ共有や、活発なコミュニケーションにお役立ていただけます。
一般的なチャットとは異なりリアルに近い感覚でディスカッションでき、動画サービスなどとも組み合わせることもでます。導入事例や料金プランはサイトでご確認ください。

β版の「無料トライアルアカウント」ご希望の方は、ぜひお気軽にお申込みください。