「参加だけユーザー」の声を拾い上げる

ネット上には、便利なコミュニケーションツールが多数あります。そんなコミュニケーションツールに関連したワードに「ROM専」があります。「ROM専」とは、どんな意味でしょうか?
 

ROM専とは

ROM専(=Read Only Member 専門)とはオンライン掲示板やブログにコメントや書き込みはせず、サイトを見ているだけのネットユーザーのことです。
 
書き込みをせずに「ROM専」に徹する理由のひとつは、自分の意見を不特定多数に発信するのに不安を感じるからです。
 
ネット上で一度自分の意見を発信してしまうと、それを簡単に取り消せないケースが多くあります。だからこそ自分の意見にかなり自信を持っていなければ、発信することができないと考えてしまうのは当然でしょう。
 

冷静な「ROM専」ユーザーの意見

実際に「オンライン掲示板に書き込む」「ブログにコメントをする」ときには、言葉に気をつける必要があります。いろいろな価値観を持ったユーザーがアクセスできる公開サイトで、自分の感情の赴くままに発言してしまうと、炎上するケースもあるからです。(実際に不適切な発言による炎上は度々ニュースにもなります)
 
また切り取られたり、曲解されて誹謗中傷されるリスクもあります。
 
その意味では、ROM専ユーザーは自分の発言がどのような影響を持つのかを常に考えている冷静なユーザーなのです。ただ、そのような「物言わぬ沈黙のユーザー」から、商品開発などのアイデアや意見が欲しいというケースもあるはずです。
 
そんな時には、限定(クローズド)の空間で、安心して発言できるコミュニティ型のサービスが役立ちます。
 
 

FlowPADでは、管理者が参加者のメンバーシップをコントロールできる一方、メンバー間ではニックネーム(匿名)で気軽にディスカッションすることができます。
 
料金やツールに関してご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
事例は「ルーム設置例ページ」に記載していますのでご参考ください。

β版の「無料トライアルアカウント」ご希望の方は、ぜひお気軽にお申込みください。